令和6年1月に発生した能登半島地震によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われたの方々とそのご家族など全てのご関係の方々に心よりお見舞いを申し上げます。
カストプラス株式会社は流通業でご活躍の企業さまを応援いたしたく小売業/卸売業/製造業向けの情報システム関連部署様向けの教育・要員育成・在庫ボリュームの最適化+欠品の最小化/コスト負担を最小化した在庫政策・物流センター構築、卸売業/メーカー向けのアクテヴィティベース/プロダクトベースのコスト算定システム・製造業向けの新営業制度システムの要件定義・卸売業向けの情報システムの構築(基幹システムの再構築も含みます)の実現をサポートしています。

      

       
 
カストプラスへメールを送ります


弊社主要業務のご紹介
弊社のサービスは流通業・製造業の情報システム化や物流システム化のサポートを中心とさせていただいております。主に次のようなコンテンツがございます。各項目をクリック/タップすると説明ページをご覧いただけます。

要員教育在庫ボリュームの最適化情報システムの構築物流システムの構築コスト分析システムの構築受発注システムの構築EDIシステムの構築CPFRシステムのコーディネートCPFRアプリケーションの開発プレゼンテーション支援セミナー


卸売業の情報システム − 開発体制と手順編
引き続き「卸売業の情報システム − 先進情報システム運営の前提条件編の新しいリリース!

第49回3.メンテナンスについて(その6)
Bマスタメンテナンス全般について
C機器設備の保守について


第48回3.メンテナンスについて(その5)
A商品マスタのメンテナンス
D商品の情報を何のために見るか?
E理想的な商品マスタデータ


第47回 3.メンテナンスについて(その4)
A商品マスタのメンテナンス
B商品の情報をいつ見るか?
C商品の情報を誰が見るか?


カストプラスへメールを送ります

スマート系のすすめ
スマート系を推し進めるには最適化の文化を醸成することが大事です。
最適化のためのデータの出し方について考えてみます。
いままでの情報提供のかたちは何十年間進歩がなかったといえます。スケジュール管理端末やPC/タブレット端末の登場で少しだけ「あれっ!?」と思った方は多いでしょう。これからは新しい形が必須条件になるでしょう。

少しだけでもスマート系の情報提供のイメージが湧きましたでしょうか?
最適化コンテンツの作成をお手伝いします。これができる人は今はまだほとんどいませんから、これから注目されるテクニックです。優しく手ほどきします!!
詳しくはメールでお問い合わせください。


カストプラスへメールを送ります

物流センターの改善を支援します
物流センター運用改善プラン
経年変化にどのように対応するか?
コロナ禍が終わろうとしている今、どのような対応をすべきか?
一度改善を試みてはいかがですか? → 見てみる
物流作業調査・分析プラン
物流センターの改善点はわかっているが、実態を調べる段階が不安
問題点や改善点が網羅されているかを確かめたい
このような場合一度調べてみてはいかがでしょうか? → 見てみる
物流コスト分析プラン
コスト分析から改善の焦点をはっきりさせたい!見てみる
入荷スキャン検品システム導入プラン
入荷検品をハンディ機やワンド【手で持つ】スキャナや固定スキャナでケース外装のGTIN-14や
GTIN-13【単品のJANコードやEANコードなど】を読み込みたい
その際に在庫情報と日付やロット番号などを格納ロケーションにコンピュータ上でリンクしたい
このようなトライをしてみませんか? → 見てみる
発注基準策定プラン
自動発注までは完成していないが、商品の売れ行きにダイナミックに応じた自動の発注点設定を
してみたい
しばらくは表計算ソフトなどで発注量を計算してやがて自動発注システム構築に移行できれば良い
このようなご希望を実現いたします → 見てみる


弊社では物流センターの構築などのサポートを行います。詳しくはお問合せください。

カストプラスへメールを送ります

カストプラス コメント

All rights reserved,Copyright2024Custplus Inc.


最新更新日2024年 3月13日