物流システムの構築 概要説明

作業分析による生産性・精度・コストの改善
物流センターの稼動状況を調査して、作業生産性・作業精度・コストを分析します。場合によりまして、作業モデル化(作業状況を数式化して、指示データの規模に応じた適正な結果が出ているかを診断します)を行います。モデルにより、作業の適性が評価できます。

物流センターの設計・センターのコストセービング
物流センターの配置計画・移転計画・移行計画・建築設計・設備設計・情報システム設計・運用設計を行い、それぞれ無駄を省き適正コストで実現します。また、別のページでご説明している最適在庫計画や、物流ABC/Mモデルなども設計します。
→物流センターの建築設計を支援するプランがあります→物流センター設計プラン

輸配送の効率向上・コスト削減
地域別〜全国ベースの輸配送計画を行い、効率向上・コスト削減を行います。また、輸配送規模が大きい場合には、i−modeなどによる貨物追跡システムや、大手輸配送業者とのEDIなどのシステム化を実現します。

庫内作業の技術支援・運用システム開発
無線LAN端末を活用した入出荷システムの開発はもとより、特殊梱包技術などの活用などを支援いたします。また搬送などの分野でもノンプレッシャーのアキュームコンベア導入などの支援、さらに運用マニュアルの作成手法の支援などもいたします。
→物流設備の設計を支援するプランがあります→物流センター設備設計プラン

主要サービスのご紹介ページにもどる

カストプラスへメールを送ります

All rights reserved,Copyright2015Custplus Inc.