在庫ボリュームの最適化 概要説明

在庫ボリュームの圧縮
製造業・卸売業・小売業の物流センター在庫を最適化いたします。貴社独自の方式についてのコンサルティングをはじめとして、弊社の在庫最適化ツールである下記のパッケージソフトをご活用いただくこともできます。
在庫ボリュームの圧縮に際してはまず、商品/製品ごとの特性(入出荷動態・商品特性・庫内オペレーション特性など)を分析し、最適化システムの設定要件としてまとめます。同時に、経営戦略・商品戦略・マーケティングなどの要素を在庫最適化条件に適合させるように整理いたします。次に、ライフサイクルや季節などの変動に対処する方法や、連休や催事の対応、例外的な要素への対策を考案します。そして、関連システムとの調整などを行い、最終的なシステム案として提示します。

在庫ボリュームの自動最適化プラン
StockSaver 
(一般物流センターむけの最適在庫計画システム)
StockBalancer 
(親センター・子センターなどの関係がある場合の最適在庫計画システム)
OrderQuotation 
(卸売業や小売業本部の操作で店舗単位の発注情報を作成するシステム)


在庫バランスの調整コンサルティング
貴社の物流特性に合わせて、どのような在庫ボリュームのバランスが良いか診断いたします。たとえば在庫回転率別に商品をランキングし、バランスが崩れている点などを改善提案します。在庫最適化システムを導入する前に自社の在庫がどのようなレベルかを知りたいというときにご活用ください。

欠品防止対策
在庫ボリュームの最適化として一番の効果が在庫圧縮となりますが、弊社の特徴として、欠品率も同時に大幅に削減することができます。欠品原因を分析し対策ロジックをご提案致します。また提案だけでなく、システム設計・アプリケーション開発も致します。

→そもそも在庫管理精度が低いという企業様むけには在庫誤差追跡プランがあります

最適発注支援システムの開発
発注に必要な係数(最適在庫数・最適発注点・最適安全在庫など)を商品/製品単位に画面表示し、最適な発注ができるアプリケーションの開発導入をサポートいたします。貴社の機関システムとのリンクも含めた発注支援システムを構築します。発注数を参考程度に出力するといったガイダンスシステムからはじめて、最終形としての最適在庫計画システムに進化させるなど、貴社のご要望におこたえします。


発注数のガイダンスシステムについてはソフトコラボガイドに企画を載せています

主要サービスのご紹介ページにもどる

カストプラスへメールを送ります

All rights reserved,Copyright2015Custplus Inc.