在庫量の自動最適化プラン

在庫量の最適化は企業にとり必要不可欠の命題でありながら、情報システムの支援がなければ数千〜数万のアイテムの動態を把握し最適化しつづけることは困難です。しかし同時に、優れた最適化支援システムが用意できないことも多く、在庫をかかえる企業の悩みになっているのではないでしょうか?
このプランでは、
@在庫バランスの診断
A在庫量のアンバランスにより発生している問題点の把握
B最適化案(ロジックなど)の提示
C1〜2案の実データシミュレーションによる効果予測
D最適化支援のための最適在庫計画システム構築
の5フェーズにわけて進め方を考えます。

1.在庫バランスの診断

消費財商品を取り扱う場合、一般的な在庫バランスは在庫回転率を高く保つために、売筋商品の平均在庫数を少なめにし、死筋商品に近くなるにつれ平均在庫数を高めに設定しています。それとは別に、専門商品を取り扱う場合には、調達の難易度も深く関連することから、特別な平均在庫設定になっていることもあります。それぞれの企業が求める在庫設定により理想的な平均在庫数のバランスがとられているのです。次の図は、その様子を消費財商品を例にグラフ化しています。縦軸が平均在庫保有日数で、横軸が弊社で標準的に使っている商品出荷ランク例です。グラフの「保有日数sは実測値例、保有日数aは最適化設定例です。

平均在庫数のバランス

保有日数aに対してsはややバランスを崩しているので補正するようにします。もう少し細かく見るとS2・S5・S6ランクが多めになっており、A2〜A6は少なめになっています。またB2以降はいずれも多めになっていますので、それぞれaに近づけるように設定します。

2.在庫量のアンバランスにより発生している問題点の把握

いろいろな診断方法がありますが、ここでは欠品発生状況を見てみます。

出荷ランク別欠品率

平均在庫量バランスでの結果のとおり、このランク別欠品率分析においてもA1〜A6ランクについて悪い状態であると判定できます。

3.最適化案の提示

最適化案のひとつとして、まずランク別係数の提案を行います。ランク別係数にはランク構成比率・安全在庫率・最大保有日数・リードタイムオフセット値などがあります。
また、これらの係数を元にした発注点および発注数の計算方法や予測の補正処理などの案を提示いたします。

4.シミュレーションによる効果予測

発注の方式がおおよそ決定したところで、過去の実データを使って実際のシステムが動作する条件を設定して擬似的に実験してみます。10〜100アイテムほどシミュレーションすることで、在庫最適化の効果や欠品が発生しないかなどをチェックします。下のグラフ(在庫削減例)は日用雑貨品のデータを使い、最適化シミュレーションを行った例です。橙色線の実在庫に比してシミュレーション結果は水色線で表しています。

実データによるシミュレーション(在庫削減例)

→青色の線が最適化された在庫量で、橙色の線が実データによる在庫量です
次のグラフ(欠品防止例)は衣料(小物)品のデータを使い、最適化シミュレーションを行った例です。

実データによるシミュレーション(欠品防止例)
実データが売れ行きの変化に追いついていないために売れる最後の時期に品薄になり、一定の売上になる時期にはその2倍以上の過剰在庫になっていますが、最適化は2月の売り出し始めの特売時以外はうまく対応しています。特売の仕入はこのシステム以外で手配されるため実際の運用では品薄になりません。
→青色の線が最適化された在庫量で、橙色の線が実データによる在庫量です

5.最適化支援のための最適在庫計画システム構築

発注方式や係数の設定ができたところで、最適在庫計画システムの構築について提案します。貴社のシステム改造強化・パッケージソフトウエアの紹介などにより、具体的にシステム化を実現します。
弊社では強力な在庫最適化システムのソフトウエア製品がありますので、きっとお役に立てるでしょう。
→在庫最適パッケージについて
一般物流センター向け最適在庫計画システム
StockSaver
(ストック・セイバー)
上下2階層型センター向け自動補充システム
StockBalancer(ストック・バランサー)
小売業店頭フォロー型最適発注計画システム
OrderQuotation
(オーダー・クォーテーション)
ベンダー管理型最適在庫計画システム
OrderPlanner(オーダー・プランナー)

6.参考費用のご紹介

下表はこのページでご説明した内容をお見積した例です。ここでは、弊社パッケージソフトウエア「StockSaver」を導入する例としております。お客様のご希望によりカスタマイズ費用がかかることがあります。基幹システムとの接続のために別途システム開発費用がかかります。
→システム開発にはソフトコラボもご利用ください!

フェーズ 中分類フェーズ 金額
ヒアリング システム環境調査 210,000円
データインターフェース調査
業務運用現状調査
分析 在庫バランス分析 350,000円
ランク別欠品分析
システム詳細分析
パッケージソフト検索・分析
立案 最適発注システム案作成 1,400,000円
実データシミュレート
システム化 StockSaver(プロダクト価格) 2,800,000円
セットアップ費用(このプランでは無償です)
インターフェース開発費用
(別途お見積に加算させていただきます)
費用合計 4,760,000円

→この例は、約18,000アイテムを取り扱う物流センターの在庫最適化を実現する例として作りました
→発注基準策定のみであればヒアリング+分析+最適発注システム案作成までで、約100万円になります
→実際はこの見積に加え、基幹システムなどとのインターフェイスをとるための開発費用が加算されます
→最適在庫システムを稼動させるサーバ(ハードウエア)などが別途必要となります
→この例よりも取扱いアイテムが少なくなればもっと費用は少なくなります
→貴社に合ったオリジナルプランが作成できると思いますので、詳しくはお問合せください
→「実データシミュレート」と「セットアップ費用」は当プランご用命の際のセット料金となっております



サンプルプランのご紹介にもどる

主要サービスのご紹介にもどる   カストプラスへメールを送ります

All rights reserved,Copyright2015Custplus Inc.