Order Plannerは、卸売業がメーカーに発注する際、在庫の最適化ができているという前提で、メーカーの生産計画に対して在庫計画や発注数量が合理的かどうかチェックし、大量品の場合には、1ヶ月単位でメーカーに出荷指示を出し、その情報を卸売業と共有します。また、メーカーはユニットロードでの計画的配車が実現でき、かつコストも削減できるというシステムです。
ソフトコラボガイドもご参照ください。

 
特売販売数量の予測機能:特売予測モジュール
OrderPlannerの特売予測モジュールでは、小売業の過去の特売企画の実績に基づきこれから行なう特売企画の診断を自動的に行ないます。特売の需要予測は難しく、多くの変動要素がありますので、完全に予測することはできません。しかし経験則のみで担当者の力量による差が出ている場合に参考データとして役立てることができます。また、実績の分析を充分行うことで精度をあげることができます。±10%以内で予測できる企画が80%程度になります(この水準に至らない場合もありますので、事前診断の段階でお知らせします)。
この機能のみでも、メーカーに対する発注量の検討には充分活用できます。また小売業・卸売業間の商談にも評価基準として使えます。

定番販売数量の予測機能:定番予測モジュール
OrderPlannerの定番予測モジュールでは、卸売業の定番販売実績に基づく予測をStockSaverなどで好評の在庫最適化機能と同等の処理にて行います。それに加え、ロジスティクス要素の機能として次のような機能があります。

@取引制度対応
A車種別適正積み上げ発注
B発注入荷頻度の最適化診断
Cほか

さらに、実際の運用に即した予測以外の要素を加味できます。たとえば、オプション対応で次のような機能を加えられます。

@季節指数(週別の指数としてデータベース化します)
A販売計画(予測とは別に計画計画を入力することができます)
Bカテゴリ別分析
C回転率別分析
D新商品分析(3ヶ月〜1年程度の期間限定)
Eライフサイクル別分析


お客様のシステムに合わせて多くの設定方法がありますので、詳しくは弊社までお問合せください。

パッケージソフトウエアのご案内ページにもどる

元のページにもどる

カストプラスへメールを送ります

All rights reserved,Copyright2015Custplus Inc.

VMI型最適在庫計画システムOrderPlannerのご説明