ソフトコラボの運用1


委員(5社、10社、20社による構成)、ソフトウェア開発担当会社、弊社(ソフトコラボ事務局)の3者での委員会制
共同開発の機能仕様を決定する母体は、委員会とします。委員会はユーザである委員を5社、10社または20社とソフトウェア開発担当会社および弊社(弊社およびコンサルタントなどを指します)の3者で運営されます。
委員会の開催はソフトウェアの内容により、5社がよいか10社がよいかまたは、20社がよいか委員会開催前に検討し告知します。告知はソフトコラボ会員に対して行います。ソフトコラボ会員は、システム導入にかかわるユーザの社員であればどなたでも会員登録でき、入会金・会費等は無料とします。但し、身元不明者や匿名者は登録できません。その他会員規約を作成しており、詳細が規定されています。


委員会の運営についての解説

元のページにもどる

トップページにもどる

カストプラスへメールを送ります

All rights reserved,Copyright2015Custplus Inc.