CPFRplusのアプローチご紹介

CPFRplusの体系は数種類の切り口をご用意いたしております。どの切り口からアプローチするかで、ひとつのレイヤーをつくり、別の切り口のレイヤーをさらに重ねて、整合性を持たせながら、輻そうするCPFRをわかりやすく実現していきます。

いろいろなアプローチを以下にご紹介します。
受発注/在庫管理からのアプローチ

物流コストからのアプローチ

物流レスポンスからのアプローチ

IT強化のためのアプローチ

受発注事務作業改善のアプローチ

販売促進からのアプローチ

決済からのアプローチ

元のページにもどる


カストプラスへメールを送ります

All rights reserved,Copyright2008-2015Custplus Inc.